親王飾り

親王飾りは、「お殿様」と「お姫様」の2つの人形が1つのペアになった雛人形です。一般的に「親王」と「姫」を中心に飾り、「屏風」「雪洞」「三宝菱台」「桜橘」を飾ります。親王は向かって左に置き、姫を向かって右に置いて飾ります。しかし京都では現代でも皇族の並びの、いにしえの礼法で逆に飾っています。場所を選ばずコンパクトに飾ることができ、人形が2体しかいない分、素材、着せ付など細部にわたってこだわった作りができる高級志向なセットです。サイズ的に一番コンパクトになるセットで、間口は70cm位から110cmまで対応できます。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4

HP上に掲載されいていない商品も多数取りそろえてあります。ご予算に合わせて、ご相談を承りますので、ぜひお気軽に、お問い合わせください。 0120-303-398 午前10時〜午後7時 携帯電話からは0859-35-0834