人形のウエダ主催 人形供養祭について 大切なお子様の成長を、共に見守ってきたお人形。“今までずっとありがとう”の気持ちを込めて見送りたい。ウエダでは毎年「人形供養祭」を開催いたしております。
「お顔の付いたお人形は、お別れするときにしのびない…」
そんな方々の気持ちを受け、昔から行われてきたのが人形供養祭です。

以前は市内の人形店合同で行われていた人形供養祭ですが、現在は開催が無くなったため人形のウエダ単独で10年以上続けさせて頂いております。
ウエダの人形供養祭では、お坊様をお招きし、集められた古いお人形の冥福を祈り、慈しまれたお人形を供養致します。
2013年度人形供養祭の様子
参加された皆様が大切なお人形に、感謝の気持ちを込めてお送りされていました。 ウエダも、お人形を扱わせていただいているので毎年感謝を込めてお送りさせていただいております。
2013年度は、盆提灯の供養も始めたのでさらに大掛かりになりました。
多くの方が“想い”の込められた大切なお人形や提灯とのお別れに悩まれるようです。
米子ではウエダが単独で行うだけとなってしまいましたが、なんとか毎年続けていきたいと思います。
お子様の成長を見守り、身代わりとして厄災を引き受けてくれたお人形を感謝の気持ちでお納めください。 2016年度人形のウエダ主催 人形供養祭 2016年10月26日(水)午後2時から ※お人形の供養は全て持ち込みの方に限ります。前日までにお持ち込みください。供養をご希望の方は事前に必ずお問い合わせください。 ※全てお顔のついたお人形に限らせていただきます。ご了承ください。道具類、台、屏風、ガラスケース等はご自分で処分をお願いします。 お問い合わせ 0859-35-0834